SNSの集客で一番効果的なのはどのSNSなの!?

インターネットを使った集客方法として1番初めに思い浮かぶのがSNSを使った集客方法ではないでしょうか。SNSは老若男女幅広く利用していますし、何より手軽に情報発信を行うことが出来ます。

ただ、代表的SNSとしてTwitter、Facebook、Instagramなどがありますが、実際自分が集客するとなったら、

「結局どのSNSが一番効果的なの?」

「自分はどれを利用すれば良いのか?」

こう分からなくなってしまう人もいるかもしれません。

結論から言うとTwitter、Facebook、Instagramなど、どのSNSでも集客を行うことはできますし、どれも効果的です。と言うのもそれぞれの特徴や特性を理解することで、自分の集めたいお客さんを集客することが出来ます。

要は貴方がどんなお客さんを集めたいかによって今後利用するSNSが変わってくると私は考えます。そこでこの記事ではSNSの代表格でもあるTwitter、Facebook、Instagramの3つのSNSの集客について紹介したいと思います。

最後まで読んで頂くことで、貴方に合ったSNSはどれなのかも分かるかもしれません。

目次

それぞれのSNSの特性を利用した集客方法

冒頭でも書きましたがそれぞれのSNSには特性があります。

その特性をうまく利用することによって、今までの何倍も集客することが出来ますし企業や個人のブランディングにも大きく貢献してくれます。

そこでここからはTwitter、Facebook、Instagramの3つのSNSの特性を紹介したいと思います。特性を理解することでお客さんに対してのアピール方法も変わってくると思いますよ。

Twitterの特性

Twitterの特性は何と言っても拡散力にあります。

特にTwitterは10代〜60代まで幅広く利用していることもあり、多くの人に見てもらえる機会があります。そして「いいね!」や「リツイート」を多く集めることでTwitter内で「話題のツイート」としても取り上げてくれます。

また、最近のTwitterは自分が呟いたツイートをタイムラインでどれだけの人が見たのかも数字として確認することが出来るのです。

要は自分の呟きはどれくらいの人に見てもらえたのか?反応してもらえたのか?も可視的に確認することが出来るわけですね。

そしてTwitterは「#」を付けて発信することで同じ話題をしている人に対しても自分の呟きをアピールすることが出来ます。例えば、

「#今日は何の日」

というタグを付けて貴方が呟いたとします。するとTwitterを利用している他の人が「#今日は何の日」で検索をかけた時にフォロー外の人も貴方の呟きを目にする機会ができるのです。

そこでTwitterユーザーの目に貴方のツイートが良いと思われれば「いいね!」や「リツイート」をして拡散してもらえる可能性が出てくるのです。では、Twitterを利用する場合、どんな業種が相性がいいのでしょうか。

Twitterと相性のいい業種

Twitterと相性の良い業種としては、

  • ゲーム・アニメ関連
  • 自己啓発関連
  • 音楽・芸能・映像関連
  • 占いや予知を示唆するもの

等が多く拡散されています。その為、Twitterをメインに集客と考えるよりもあくまでも集客の補助・宣伝という形で利用した方が良いと思います。

Facebookの特性

Facebookは基本的に実名で登録している方が多いので、若年層からの集客と考えるよりも30〜50代くらいまでが1番効果的なターゲット層になるかと思います。

Facebookの良い所としてあげられるのが、Facebookはリアルの友人と繋がっている点です。例えば、友人Aという人の友達には中学時代の友人Bと繋がっている可能性がありますよね。

また、友達同士が繋がっていると自分のアカウント内で「知り合いかも?」で共通の友達が表示されます。その為、自分と関係している人はアメーバの様にどんどん繋がっていくことが出来るのです。

そしてこれはFacebookの1番の強みだと思うのですが、

  • 卒業した小・中学校
  • 地域(都道府県)
  • 職場

などで友達を検索することが出来るのです。つまりFacebook内だけでなく実社会でも繋がっていることも多いので内輪で話題になったものは友達内で共有されやすいのです。

そして更にFacebookはGoogleの検索エンジンでも表示されやすく、仮に自社のFacebookページを所有している場合、社名をGoogleで検索した場合でも検索結果で表示されるのです。

社会的信用という分野においても実名登録が基本のFacebookは大きく貢献してくれるのです。

Facebookと相性の良い業種

Facebookと相性の良い業種としては、

  • 学習塾や英会話
  • 習い事関連
  • 結婚相談所や就職関連
  • クリニック関係

などがFacebookでは相性が良いと思いますよ。

Instagramの特性

Instagramは近年グンとシェアを伸ばしていて、若年層を中心に利用されているSNSです。特に最近だと、

「インスタ映え」

なんて言葉が当たり前の様に使われていますよね。カフェや旅行先などで写真を撮ってInstagramにアップしている若者は非常に多いと思います。

若者の中ではインスタグラムを見ることで友達が何をしているのか分かるから、わざわざ電話する必要もない…と言っているくらい1日の中でインスタグラムは多く利用されているのです。

また、インスタグラムのユーザー層は10代〜20代が特に多く利用しているわけですが、近年は30代〜40代の方もかなり利用しています。

TwitterやFacebookよりもかなり手軽に画像をアップすることが出来ますので自分の写真を格納したい人や自己満で写真をあげている人もインスタグラムには数多くいます。

上記のことを考えるとインスタグラムは、今を伝えるのに最も適していますし、何よりも写真がメインでシェアされるものです。それを考慮すると次の業種がインスタグラムで集客するとなると最適かと思います。

※インスタグラムの集客方法については別の機会に紹介したいと思います。

Instagramと相性の良い業種

Instagramは「インスタ映え」という言葉がある様に画像がメインで集客を考える方がいいです。となると、

  • 飲食関係の業種
  • 結婚式場など
  • ヘアサロンやネイルサロン
  • 旅行代理店業
  • 不動産などの住宅関係

などが非常にオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はSNSの集客で一番効果的なのはどのSNSなのかについて紹介しましたが、結論から言うとどのSNSも集客においては効果的です。

要は使い分けが大切だと言うことです。

集客を考えている方の業種によって様々なアピール方法があると思いますし、それをさらに昇華させるためのツールとしてSNSを利用すると集客効果もドンドンアップします。

ぜひあなたの業種にあったSNSを利用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる