ホームページには何を書くといいの?文章を書くコツは?

ホームページを立ち上げたものの一体何を書くといいの…?こう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

特にホームページで集客を考える場合、”文章を書く”という作業は必須項目です。

「んじゃ、作文や論文みたいな文章を書けば良いのか?」

と一瞬思ってしまいそうですが、そんな大げさなものを書く必要はありません。

実は文章を書くにはちょっとしたコツがあって、そのコツさえ掴むことができれば、誰でも簡単にスラスラと文章が書けてしまうのです。

そこでここでは、ホームページを運営するにあたって必要な文章を書くのコツについても、簡単に解説したいと思います。

今までホームページに何を書けば良いのか悩んでいた人も面白いくらい文章が書ける様になるかもしれません。

目次

ホームページには何を書くと良いの?

初めに文章を書くコツの前に、そもそもホームページには何を書くと良いのか?について解説します。

結論を先に言うと、ホームページにアクセスしてきた人の知りたいことや解決策を書くと良いです。

「???」

もっと分かりやすく解説します。

まず、あなたはこのページにどんな悩みを持ってアクセスしたでしょうか?おそらく、

「ホームページには何を書くと良いのか?」

「文章を書くコツが知りたい…」

この様な疑問を持っていたと思います。

つまり、その疑問を解決できる文章をホームページ内に書くと良いのです。

ただ、ホームページ内と言ってもトップページに書くのではなくブログ機能を使って書くのが良いです。

ホームページ+ブログならWordPressが断然おすすめです。

関連記事:ホームページをWordPressで作るメリットとデメリット

では人の知りたいことや解決策というのはどこで分かるのでしょうか?

人の知りたいことや解決策を調べる簡単な方法

人の知りたいことや解決策を調べる方法は至って簡単です。

例えば、あなたのホームページで紹介しているサービスを欲している人はどんな人でしょうか?

「こんなサービス提供している会社って無いかな?」

「あの会社のサービスってどんな内容なんだろう」

この様にそのサービスに興味のある人は、色々な疑問点が出てくるはずです。つまりその疑問点に対する答えや解決策を記事にすれば良いのです。

もっと言うと、普段誰かと話している時にふと疑問に思ったことなどを書いても良いと思います。

記事のネタというのは普段の生活の中にありふれていますし、一つのネタだけに絞ってしまうと記事のネタはすぐに尽きてしまいます。

もちろん関連性は持たせる方が良いですよ^^

要は自分が疑問に思ったことなどは日本中の誰かは知りたいと思っている情報でもあるわけですので、便利なサービスや物を探している人にとっては願ったり叶ったりの情報になるはずなんです。

もし、今のホームページにブログ機能が備わっていないのであればホームページをリニューアルするタイミングかもしれません。

関連記事:ホームページリニューアルのタイミングを決める5つのポイント!

では、書く内容が大体決まったら次に考えるのが”文章”です。

その文章を書くコツについてもお伝えしたいと思います。

ホームページ内で書く文章のコツは!?

ホームページで集客を考えた場合、文章を書くことは必須です。

ただ、今までに文章に慣れ親しんでない場合、書く事自体が辛い作業だったりもしますよね。

私もこの業界で稼ぐ前は文章を書くことがとても苦手でしたし、人の書いた文章を読むことすら苦手でした。

しかし、あるコツを知ったおかげで文章を書くことも読むことも驚くほど好きになりました。

ではそのコツをいくつか紹介したいと思います。

①:初めに結論を先に書く

結論を先に書くことで、ホームページに訪れた人にこの記事には何が書かれてあるのかを把握してもらうことができます。

また、アクセスしてきた人は基本的に全ての文章を読んでくれませんし、書いている内容を疑いながら読んでいることがほとんどです。

その為、文章の初めに結論を書く事によって文章の概要を伝えることができるだけでなく、読んでもらいたい人にだけに続きを読んでもらう事ができます。

②:見出しを見ると内容が想像できるか

ホームページに訪れる人は書いている内容を疑いながら読んでいると先ほど書きましました。

そして記事内に目次を表示している場合、目次を参考に記事の中に書かれていることを把握しようとします。

その為、自分が求めている情報がホームページ内に書かれているのかを素早く確認するためにも、見出しは大切なのです。

また、見出しを見ただけで内容が大体イメージできるのか?という事を意識するだけで、実は書く側にも文章が構成しやすくなるというメリットがあるのです。

もちろん、相手にも読みやすい文章だと感じてもらう事ができますよ。

③:誰が読んでも分かる内容なのか

そして書いてある文章が中学生でも理解できる内容なのかも大切です。

人は自分の知っていることを出来るだけ専門家っぽく書きたがってしまうのですが、読んでいる人が「読みにくい…」と感じてしまうとすぐにそのページは閉じられてしまいます。

その為、できるだけ長く読んでもらうためにも分かりやすい言葉使いで、簡単な表現で文章を書くと良いです。

文章を書くコツとしては、

  • 1つの文章に対して相手に伝える内容は1つ。
  • 出来るだけ簡潔明瞭に書く。

というのを意識すると誰が読んでも理解しやすい文章を書く事ができると思いますよ。

まとめ

今回はホームページには何を書くといいのか?そして、文章を書くコツについてもご紹介しました。

蓋を開けてみると当たり前のことばかりなのですが、実際文章を書くとなったら手がなかなか動かないんですよね。

しかし、今回紹介した内容を知っておくことで今までよりはホームページで文章を書く事が楽になるのではないかと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

そして最近はSNSも集客に良く活用されるのですがSNSとホームページ・ブログそれぞれの役割を知っておくとさらに集客の幅を広げる事ができるかもしれません。

関連記事:SNS・ホームページ・ブログのそれぞれの役割って何だ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

目次
閉じる