SEOを意識した検索エンジンに効果的な記事の書き方とは?

この記事ではSEOを意識したブログや記事の書き方について紹介しています。

SEOを意識した記事作成を行うことで、検索エンジンと検索ユーザーに対して効果的にサイト内の記事をアピールすることができます。

目次

SEOは上位表示させるために意識すること

SEO対策意識

SEOと聞くと検索エンジンの検索結果で上位表示する事だけを考えてしまいがちですが実は違います。

例えば、

「キーワードをたくさん記事内に散りばめたらSEO対策になるよ!」

と言う方も中にはいらっしゃいますがSEOの真髄は「訪問者の疑問の答えになるコンテンツを発信・提供する」ことにあります。

これは絶対条件で、仮に上記を満たしていない記事(コンテンツ)は現在の検索エンジンでは正しく評価してもらうことが出来ません。

記事内に過剰なキーワードを入れすぎると逆効果

一昔前のSEO対策として”キーワード含有率”という言葉を耳にした事がある方もいらっしゃるかもしれません。

このキーワード含有率というのは、記事内に対策キーワードがどれくらい入っているのかを意味します。

巷では5%〜7%くらいが理想だと言われていますが、これだけで検索エンジンの上位表示を狙うのは難しいです。

近年のGoogleはAI技術を検索エンジンに取り入れたことから、人為的にキーワードを散りばめているか否かを簡単に見抜くことができてしまいます。

つまり過剰に対策キーワードを散りばめた記事よりも自然な形(会話の様な)で作成されている記事の方が好ましいです。

※具体的にキーワード含有率で言うと3%〜4%が理想。

つまり、キーワードを意識しすぎてよく分からない記事になるよりも、検索ユーザーに好まれる分かりやすい記事が結果的に良い記事になると言えます。

■キーワード含有率無料調査ツール「ohotuku.jp

記事内の文字数はどれくらいが理想?

SEOを意識した記事内の文章として効果的な文字数の理想は1,000文字以上です。

と言うのも一つの記事タイトルに対して十分な情報を検索ユーザーに伝えるとなると1,000文字くらいは必要になってくるはずです。

ただ、サイトやホームページのジャンルにも関係してきますので一概には言えません。

例えば、「赤色の英単語は?」と言う問いであれば、「RED」で構いませんが、「SEO」とは?と言う問いに対しては数文字で答えることは出来ませんよね。

つまり、タイトルに対する答えが記事内にあるのかと言うのは最も重要と言うわけです。

ただ、今までに記事を書いた事のない人からすると、500文字以上の記事を書くことすら大変ですよね。

その場合は、初めの100記事くらいはアクセスを気にする事なく、練習だと思って最低300文字以上の記事を量産する事をお勧めします。

数をこなす事で記事の書き方にも慣れてきます。

そして、十分に記事の書き方にも慣れてきた段階で、数よりも質を意識した記事を執筆する様にします。

キーワードを盛り込むポイントとは!?

キーワード

キーワード含有率よりも意識したいのがキーワードをどの部分に入れるかです。

記事タイトルに対策キーワードを入れることは当然ですが、記事内のどこにキーワードを入れるかによっても検索エンジンでの表示結果は変わってきます。

キーワードを盛り込むポイントとしては、

  • 記事タイトル
  • 説明文(ディスクリプション)
  • 見出し(見出しタグ)
  • 画像(alt)

上記の部分には最低でもキーワードを入れる様にしましょう。

この4つのポイントを意識するだけでも検索エンジンからの流入度は変わってきます。

記事タイトルを見て検索ユーザーはどんなことが書かれているのかを予想し、見出しを見て自分の求めている記事であるかも確認します。

つまり、検索エンジンはもちろんのこと、結果的に検索ユーザーへの記事のアピールにもつながると言うことですね。

まとめ

SEOと聞くと難しく感じてしまいますが、要は検索ユーザーにとって有益な情報をどれだけ正しく伝えることができるかというのが大切になってくるはずです。

一昔前の被リンクだけのSEO対策や記事量産型でのSEO対策だけでは現在のGoogleで上位表示させるのは極めて難しいです。

Googleも日に日に進化していますので、サイト運営者もそれに合わせて進化していかなければいけないということですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

目次
閉じる